© Copyright© 2017 Sasaki Tekkin Kogyo Ltd. All rights reserved.

ユニット部材を現場へ搬入、

作業効率アップを実現!

​さらに人件費や材料費のコストも削減

鉄筋組立に創意と工夫を

鉄筋組立に携わった人なら経験があるはずです。この部分の結束が省略できたら仕事が早いのに…この部分の鉄筋が自立していれば簡単で段取筋もいらないのに…サシ筋1本づつ立てるのが大変…鉄筋きれいに組んだのに打設前までに踏まれて乱れた…等。

​そんな鉄筋組立の悩みを解決するのがネパスターVです。あなたの創意工夫であらゆる鉄筋組立に応用可能です。

SATECは鉄筋工事の変革を目指します。

精度が高く乱れない鉄筋を実現し、より良い品質を常に提案いたします。

大型梁を工場で先行組立し作業人工の均一化をします。スポット溶接した部材を使用することにより精度が高く乱れない梁先組を行っています。

STEP1
STEP2
STEP3

間隔保持筋セット
使用目的、部材、工法により強度を調整できます。丸鋼Φ5~Φ7異型棒鋼D10~D19を間隔保持筋に使うことによりユニットの強度を調整します。

自動ピッチ送り装置

本機の最大の特徴である自動ピッチ送り装置です。@50~@400鉄筋ピッチを入力します。1本目溶接後自動で入力ピッチ分スライドします。次の鉄筋を溶接します。スライドする寸法が正確である為、美しい配筋を実現します。

スポット溶接

電源に高性能デジタルタイマーを使用している為、高品質な溶接が続きます。

2つの母材を電極棒で加圧しつつ電流を流し抵抗熱により溶接します。点で接合されることからスポット溶接とも呼ばれます。自動車車体の生産に多用されています。

電気抵抗溶接

(スポット溶接)とは

梁STP自立型、
ベース筋立ち上り付

ユニット
鉄筋が自立する為、倒れ防止の段取筋に結束する手間が省けます。

ユニット部材施工例(ベース筋立ち上り 40d)

もっと見る

1

2

3

4

5

6

7

8

9

スラブ筋ユニット
スポット溶接4点付(5点付)とすることにより長尺鉄筋のユニット化が可能となりました。スラブピッチ付けの省略、アンカーはね上がり防止、結束箇所削減ができます。通りの良い美しい配筋で踏んでも乱れません。

スポット溶接4点付(片持スラブ先端アンカー付
アンカー向きが固定される為、アンカー部の結束を省略できます。ピッチが保持される為、仕上りが綺麗です。

木造住宅船型筋
細かい鉄筋を一括配筋できます。布基礎ハシゴもつくれます。

梁中子筋
梁上筋部を結束し固定。下筋の結束が省略できます。手の届かない梁下結束を省略できます。

手摺壁縦筋
アンカーをしたにして置き固定。横筋をつければ仕上がりです。

NepasterV

例:
壁差筋、スラブ筋等自立の必要のない物→Φ5mm、梁STP等自立させたい物→D10・D13

佐々木鐵筋工業株式会社

〒987-0373

宮城県登米市豊里内町浦21-2

TEL:0225-76-0110 FAX:0225-76-1911

​本社

お問い合わせ

お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください

7